サウジ記者死亡

トルコ大統領、皇太子に言及せず一定配慮

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トルコの与党・公正発展党の会議で演説するエルドアン大統領=アンカラで23日、AP
トルコの与党・公正発展党の会議で演説するエルドアン大統領=アンカラで23日、AP

 【カイロ篠田航一】サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で死亡した事件は、トルコのエルドアン大統領が23日「計画的殺人」と断じ、サウジ側に一層の真相解明を求めた。疑惑が報じられるサウジのムハンマド皇太子(33)については言及せず、関与を否定するサウジ王室の顔を立てた形だ。一方で「責任を情報要員や治安要員に負わせるだけでは、我々も国際社会も納得しない」と述べて捜査継続も表明し、サウジ側に説明責任を果たすようプレッシャーをかけた。

 この日の演説を前に、エルドアン大統領は「ありのままの事実」を明らかにすると予告していた。これまで、トルコの捜査当局がカショギ氏殺害時の音声記録を入手しているなどと報じられているが、エルドアン大統領はそうした詳細な殺害場面などの説明はしなかった。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文810文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集