メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ記者死亡

トルコ大統領、皇太子に言及せず一定配慮

トルコの与党・公正発展党の会議で演説するエルドアン大統領=アンカラで23日、AP

 【カイロ篠田航一】サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で死亡した事件は、トルコのエルドアン大統領が23日「計画的殺人」と断じ、サウジ側に一層の真相解明を求めた。疑惑が報じられるサウジのムハンマド皇太子(33)については言及せず、関与を否定するサウジ王室の顔を立てた形だ。一方で「責任を情報要員や治安要員に負わせるだけでは、我々も国際社会も納得しない」と述べて捜査継続も表明し、サウジ側に説明責任を果たすようプレッシャーをかけた。

 この日の演説を前に、エルドアン大統領は「ありのままの事実」を明らかにすると予告していた。これまで、トルコの捜査当局がカショギ氏殺害時の音声記録を入手しているなどと報じられているが、エルドアン大統領はそうした詳細な殺害場面などの説明はしなかった。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです