メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山形県鮭川村

大久保佳代子さん起用し村民参加のPR動画

鮭川村PR動画のラストシーンで、大久保佳代子さん(中央)と一緒に村への来訪を呼び掛ける村民たち=鮭川村役場提供

 山形県内35市町村で2番目に人口が少なく、今後も人口減少が続くと想定されるなど過疎化が深刻な鮭川村の観光協会が、村の活性化を目指すPR動画「鮭川村って何だか面白いにゃ~」を制作した。タレントの大久保佳代子さんが軽トラックに乗って村に嫁ぎ、田舎暮らしに悪戦苦闘しながら村に溶け込むストーリーで、最後は「鮭川村に来てけろ、にゃ~」と締めくくる。背伸びをせずに田舎らしさを前面に打ち出した内容に、元木洋介村長は「村民参加のPR動画は都会に受けるはず。交流人口を増やしたい」と期待する。23日から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開を始めた。

 県内北部の最上地方にある同村は、1954年に3村が合併して誕生した。当時から人口は減少傾向にあり、…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. 桜を見る会「私物化」前夜祭は「公職選挙法違反疑惑」など 野党4党が追及点五つを整理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです