大阪都構想

知事、経済効果議論「府市会議で」 自公反発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪府の松井一郎知事は23日、大阪市を廃止・再編する大阪都構想の経済効果について、制度設計する法定協議会(法定協)ではなく、11月に大阪の副首都化を目指す府市の「副首都推進本部会議」で議論したい考えを示した。経済効果を算出した学校法人関係者を呼んで議論したい意向だが、自民、公明は「既に議会で議論しており、法人に委託した府市に説明責任…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

ニュース特集