メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損害賠償

余命伝えず医師を提訴「残りの人生違っていた」

 今年1月に乳がんで死亡した大分市の女性(当時57歳)に余命1カ月との診断結果を告知しなかったため、残りの人生を家族で充実させることができなかったとして、遺族が女性の通院先のアルメイダ病院(同市宮崎)を運営する市医師会と主治医に対し、慰謝料など3190万円の損害賠償を求める訴訟を大分地裁に起こした。遺族側は「死が迫っているとは考えておらず、残された時間で女性の希望に沿ったり、共に多くの時間を過ごしたりできなかった」と主張している。

 提訴は先月13日付。今月26日に第1回口頭弁論がある。訴状などによると、女性は2005年ごろ乳がん…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです