メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損害賠償

余命伝えず医師を提訴「残りの人生違っていた」

 今年1月に乳がんで死亡した大分市の女性(当時57歳)に余命1カ月との診断結果を告知しなかったため、残りの人生を家族で充実させることができなかったとして、遺族が女性の通院先のアルメイダ病院(同市宮崎)を運営する市医師会と主治医に対し、慰謝料など3190万円の損害賠償を求める訴訟を大分地裁に起こした。遺族側は「死が迫っているとは考えておらず、残された時間で女性の希望に沿ったり、共に多くの時間を過ごしたりできなかった」と主張している。

 提訴は先月13日付。今月26日に第1回口頭弁論がある。訴状などによると、女性は2005年ごろ乳がん…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  4. 人気の「金沢21世紀美術館」休館へ 混雑緩和へ改修工事

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです