安田さん解放

家族や知人に喜びの表情「生還信じていた」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ジャーナリストの安田純平さん=東京都で2015年1月、宮間俊樹撮影
ジャーナリストの安田純平さん=東京都で2015年1月、宮間俊樹撮影

 「本当に良かった」「生還を信じていた」--。安田純平さんとみられる男性がシリアの武装勢力から解放されたと23日深夜、政府が発表した。連絡を絶って約3年4カ月。家族や知人のジャーナリストらは無事の帰国を願った。

 ジャーナリストの高世仁さん(65)は、安田さんがシリアに入る直前にトルコに滞在していたころ、取材のアイデアをやり取りしていたという。深夜に舞い込んだ知らせに、「本当に良かったなという気持ち」と喜んだ。拘束は長期間に及んでおり、「ものすごく過酷な環境の中で長い年月を過ごしていたとみられ、心身ともに無事な状況で解放されたのか心配だ」とも語った。

 安田さんを巡っては行方不明になった後、ネットなどで「自己責任だ」という批判もあったが、高世さんは「リアルな戦争の現場をちゃんと知らせないといけないという志で、安田さんは紛争地を取材していた。日本に戻って健康が回復したら、再び取材してほしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文781文字)

あわせて読みたい

注目の特集