メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安田さん解放

家族や知人に喜びの表情「生還信じていた」

ジャーナリストの安田純平さん=東京都で2015年1月、宮間俊樹撮影

 「本当に良かった」「生還を信じていた」--。安田純平さんとみられる男性がシリアの武装勢力から解放されたと23日深夜、政府が発表した。連絡を絶って約3年4カ月。家族や知人のジャーナリストらは無事の帰国を願った。

 ジャーナリストの高世仁さん(65)は、安田さんがシリアに入る直前にトルコに滞在していたころ、取材のアイデアをやり取りしていたという。深夜に舞い込んだ知らせに、「本当に良かったなという気持ち」と喜んだ。拘束は長期間に及んでおり、「ものすごく過酷な環境の中で長い年月を過ごしていたとみられ、心身ともに無事な状況で解放されたのか心配だ」とも語った。

 安田さんを巡っては行方不明になった後、ネットなどで「自己責任だ」という批判もあったが、高世さんは「…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文781文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです