メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

世界選手権 女子65キロ・源平、女子76キロ・皆川が銅

 【ブダペスト共同】レスリングの世界選手権第5日は24日、ブダペストで行われ、女子では昨年48キロ級覇者で50キロ級の須崎優衣(早大)、昨年55キロ級覇者で53キロ級の奥野春菜、62キロ級の川井友香子(ともに至学館大)が25日の決勝に進んだ。

 川井友は、23日に女子59キロ級を制した梨紗子(ジャパンビバレッジ)の妹。姉妹で世界一に輝けば、2006、07年に2連覇した伊調千春、馨以来となる。須崎は3試合を圧勝し、奥野も4試合を勝ち抜いた。65キロ級の源平彩南(至学館大)は3位決定戦でインド選手を破り、銅メダルを獲得した。76キロ級の皆川(旧姓鈴木)博恵(クリナ…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです