メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

孤独に耐え、祈った3年余 「待つ」苦しみ 安田純平さんの妻深結さん

質問に答える安田純平さんの妻、深結さん=東京都千代田区で2018年10月19日、宮武祐希撮影

7月の映像機に「起動」……解放 「支援に感謝」

 苦しさは、拉致された夫と同じだったかもしれない。ジャーナリスト、安田純平さんの解放が伝えられる4日前、記者は妻で歌手の深結(みゅう)(Myu)さんにインタビューした。「神様は何をしているんだろうって思います」と待つことの苦しみを語った。半ば引きこもり状態、ストレス続きの3年4カ月だった。【藤原章生】

 9月から、相談相手に勧められ、歌手名を「深結」と名乗っているという。夫がシリアの武装組織に拉致されたと日本政府から知らされたのは2015年夏のことだった。普通なら、自分の親や安田さんの身内に打ち明けるところだが、深結さんはそうしなかった。

この記事は有料記事です。

残り2508文字(全文2802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです