連載

日々是・感劇

毎日新聞デジタルの「日々是・感劇」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

日々是・感劇

「危機」を乗り越えて

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「THE DARK CITY」の一場面=カメラマン、中山留理子撮影
「THE DARK CITY」の一場面=カメラマン、中山留理子撮影

 世界で「言論の自由」が危機にひんする現状を如実に映す。死亡が発表されたサウジアラビア国籍ジャーナリストを巡る事件が混迷を続けている。

 折しも、そんな状況と重ね合わせるかのように、過去から現代にいたる地続きの問題意識を提示したのが、温泉ドラゴン「THEDARKCITY」(15~21日、ブレヒトの芝居小屋、シライケイタ作・演出)である。

 題材に取り上げたのは、ちょうど70年前の1948(昭和23)年、終戦間もない占領下の埼玉県で起きた「本庄事件」。ヤミ取引を巡る警察など権力側と暴力団との癒着疑惑を報道した朝日新聞記者に対する暴力を発端にした、町政刷新のうねりを実録風のドラマに仕立てた。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文739文字)

あわせて読みたい

注目の特集