特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

社会人野球

日本選手権 猛牛魂、アマに注入 元近鉄監督・佐々木恭介さん、大和高田ク率い「庭」で采配へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
練習で打撃指導する大和高田クラブ監督の佐々木恭介さん(左)=奈良県大和高田市で、長宗拓弥撮影
練習で打撃指導する大和高田クラブ監督の佐々木恭介さん(左)=奈良県大和高田市で、長宗拓弥撮影

 大阪市西区の京セラドーム大阪で来月1日開幕する第44回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)に、プロ野球・近鉄バファローズ(2005年にオリックスと合併)監督だった佐々木恭介さん(68)が率いる大和高田クラブ(近畿・奈良)が8大会ぶり(9年ぶり)に出場する。監督就任3年目の佐々木さんは近鉄監督時代に本拠地だった京セラドーム大阪(当時は大阪ドーム)に、当時と同じ背番号「68」で凱旋(がいせん)する。【長宗拓弥】

 埼玉・メットライフドームで先月13日あった全日本クラブ選手権決勝で、大和高田クラブは前年決勝で敗れた和歌山箕島球友会に延長十回タイブレークの末、9-7で雪辱し、7年ぶり4回目の優勝と3回目の日本選手権出場を決めた。佐々木さんは「選手が連れてきてくれた」と教え子たちに感謝する。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文929文字)

次に読みたい

あわせて読みたい