メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

世界選手権 女子65キロ・源平、女子76キロ・皆川が銅

 【ブダペスト共同】レスリングの世界選手権第5日は24日、ブダペストで行われ、女子では昨年48キロ級覇者で50キロ級の須崎優衣(早大)、昨年55キロ級覇者で53キロ級の奥野春菜、62キロ級の川井友香子(ともに至学館大)が25日の決勝に進んだ。

 川井友は、23日に女子59キロ級を制した梨紗子(ジャパンビバレッジ)の妹。姉妹で世界一に輝けば、2006、07年に2連覇した伊調千春、馨以来となる。須崎は3試合を圧勝し、奥野も4試合を勝ち抜いた。

 65キロ級の源平彩南(あやな)(至学館大)は3位決定戦でインド選手を破り、銅メダルを獲得した。76…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです