メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1932年創業の万年筆店「ペンドック健康堂」は宮崎市の繁華街にある。店主は3代目の荒川幸子さん(60)。当初はエボナイトをくりぬき、ペン先などを付けたオリジナル商品を売っていた。今は約300本のメーカー品をそろえる。

 95年に父安行さんが急逝し後を継いだが、万年筆に興味を持ったのは幼稚園の頃からだ。クリスマスに贈られたのがきっかけで、学生時代には見よう見まねで分解するまで…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです