メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
カメラ探訪

富山県 「散り椿」ロケ地 古刹に息づく四季 /北陸

内山邸の縁側から観賞できる散り椿=富山市宮尾で、鶴見泰寿撮影

 モントリオール世界映画祭で最高賞に次ぐ審査員特別グランプリを受賞した時代劇「散り椿」。富山県観光振興室によると、9割が県内で撮影された。四季折々の自然美と古刹(こさつ)が随所に映し出され、ロケ地を巡るバスツアーも好評という。同室は「映画では味わえない富山の“本物”の歴史・文化にぜひ触れてほしい」と話す。

 タイトルになった「散り椿」は、国の有形文化財「豪農の館 内山邸」(富山市宮尾)で観賞できる。中川靖…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです