メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ探訪

富山県 「散り椿」ロケ地 古刹に息づく四季 /北陸

内山邸の縁側から観賞できる散り椿=富山市宮尾で、鶴見泰寿撮影

 モントリオール世界映画祭で最高賞に次ぐ審査員特別グランプリを受賞した時代劇「散り椿」。富山県観光振興室によると、9割が県内で撮影された。四季折々の自然美と古刹(こさつ)が随所に映し出され、ロケ地を巡るバスツアーも好評という。同室は「映画では味わえない富山の“本物”の歴史・文化にぜひ触れてほしい」と話す。

 タイトルになった「散り椿」は、国の有形文化財「豪農の館 内山邸」(富山市宮尾)で観賞できる。中川靖…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文841文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 千葉停電1週間なお7万戸 住宅被害3600棟超、全容つかめず 17日は暑さ注意

  3. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  4. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです