メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助犬キャンペーン20年 補助犬シンポに寄せて/中 「身体障害者補助犬」誕生 /兵庫

衆院予算委員会を傍聴するため、車椅子の木村佳友さんと赤じゅうたんを進むシンシア。介助犬として国会に最初の一歩を残した=1999年2月1日、加古信志撮影

仕事ぶり、国会動かす 宝塚市「シンシアのまち」を宣言

 宝塚市議会が1998年12月に「介助犬の公的認知を求める意見書」を可決した翌年2月。当時38歳だった木村佳友さん=宝塚市=は介助犬シンシアと共に国会にいた。介助犬が国会に入るのは初めて。「バリアフリー社会を推進する点から意義がある」と衆院議院運営委員会理事会は説明し、シンシアと木村さんに衆院予算委を傍聴することを許可した。

 国会での介助犬シンシアの「仕事ぶり」のインパクトは絶大だった。どんなに議場がざわついても、木村さん…

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです