メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宿泊税

陸海空の「玄関口」、主な施設整備費 県の出費「0円」強調 福岡市政だよりで特集 /福岡

 ホテルや旅館の宿泊客に課す宿泊税を巡り、先行して導入を決めた福岡市は24日、宿泊税に関する主張をまとめた「福岡市政だより」(11月1日発行)の配布を始めた。同じく税導入を検討している県が、これまで博多駅など宿泊客の玄関口となる主な施設整備に全く支出していない、などと強調している。

 市政だよりは毎月1、15日に発行。市内80万5501全世帯と事業所などに配布する予定で、3ページの宿泊税特集を組んだ。観光客受け入れに最もかかる費用は「九州の玄関口」としての施設整備と説明。陸海空の…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです