メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 賛否、春までに県民投票へ 沖縄県議会委可決

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に対する賛否を問う県民投票条例案が24日、県議会の米軍基地関係特別委員会で採決され、ほぼ原案通りで可決された。条例案は26日の県議会本会議でも可決される見通しで、来春までに県民投票が実施される。

 投票結果に法的拘束力はないが、政府と県が激しく対立する辺野古移設計画の行方に影響を与える可能性がある。しかし、投開票事務などを担う市町村のうち石垣市議会が県民投票に反対する意見書を採択しており、全市町村で投開票が実施されるかは不透明だ。

 県民投票の実施は、大学生らでつくる市民団体が約9万人の有効署名を集めて県に求めた。県は9月、条例案…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです