メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

所信表明 にじむ守勢 来年選挙控え/看板政策乏しく

第197臨時国会の衆院本会議で所信表明演説をする安倍晋三首相=国会内で2018年10月24日午後2時23分、玉城達郎撮影

 安倍晋三首相は24日の衆参両院本会議で、9月の自民党総裁選で3選されてから初めての所信表明演説に臨んだ。重要政策の実現をアピールする一方、6年近い長期政権に対する国民の懸念に向き合うと表明するなど「守り」の姿勢も目立つ再始動となった。首相は憲法改正への強い意欲も表明。来年の参院選を控え、与野党の対立が激化するのは必至だ。

この記事は有料記事です。

残り1613文字(全文1775文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです