安倍首相

所信表明 にじむ守勢 来年選挙控え/看板政策乏しく

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
第197臨時国会の衆院本会議で所信表明演説をする安倍晋三首相=国会内で2018年10月24日午後2時23分、玉城達郎撮影
第197臨時国会の衆院本会議で所信表明演説をする安倍晋三首相=国会内で2018年10月24日午後2時23分、玉城達郎撮影

 安倍晋三首相は24日の衆参両院本会議で、9月の自民党総裁選で3選されてから初めての所信表明演説に臨んだ。重要政策の実現をアピールする一方、6年近い長期政権に対する国民の懸念に向き合うと表明するなど「守り」の姿勢も目立つ再始動となった。首相は憲法改正への強い意欲も表明。来年の参院選を控え、与野党の対立が激化するのは必至だ。

この記事は有料記事です。

残り1613文字(全文1775文字)

あわせて読みたい

注目の特集