メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

藤井、新人王戦なぜ最後? 昇段で来期の資格喪失 最年少は更新=回答・丸山進

 なるほドリ 将棋の藤井聡太(ふじいそうた)七段が最後の参加となった新人王戦で優勝したんだってね。デビューしたばかりなのに、なぜもう「最後」なの?

 記者 新人王戦に参加できる棋士は(1)トーナメント戦が始まる年の10月1日時点で26歳以下(2)タイトル戦経験のない六段以下--という二つの条件があります。一昨年10月に史上最年少でデビューした藤井七段は今も現役棋士の中で最年少の16歳で、年齢だけで言えば、あと11回出られます。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. なぜ女性専用車両は必要か TV番組が炎上、「マナー」「トラブル」特集で

  3. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  4. 奈良の不明高1女子、大阪で保護 けがなし

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです