メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

外国人労働者と沖縄の基地 インタビュー 菅義偉・官房長官

=東京都千代田区の衆院第2議員会館で、丸山博撮影

 人手不足を背景にした外国人労働者の受け入れ拡大策と、沖縄県知事選を経て再び緊張が高まる辺野古移設問題。複雑で重い二つの課題を、政府内で取り仕切っているのが菅義偉官房長官だ。キーマンに問う。【聞き手 論説委員長・古賀攻】

移民政策ではない従来と同じ仕組み

--臨時国会では、外国人労働者の受け入れ拡大が主要テーマになります。6月の「骨太の方針」で打ち出して、もう法案提出。政府の動きが非常に早い。

 安倍政権は方向性を出したら早いですよ。私たちが取り組んでいる課題は今まで先送りされてきたものが多い。人手不足の深刻化も同じです。人手不足のため廃業するところまで出ている。放置していると社会問題になる。そこで現在の制度は「そろそろ限界だ」と判断して、新たな在留資格を創設しようと作業しているところです。

この記事は有料記事です。

残り3156文字(全文3503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです