メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチンのロシア

欧米とのハイブリッド戦/2 親しみテコ 伊を侵食

サルビーニ氏とプーチン露大統領との会談の際、プーチン氏と握手するサボイーニ氏(右)=2014年撮影(サボイーニ氏提供)

 「欧州連合(EU)の国と比べると、ここは我が家のようだ」。今月17日、モスクワを訪れたイタリアのサルビーニ内相は、ロシアの企業経営者らを前にロシアを持ち上げ、返す刀でウクライナ問題を巡るEUの対露制裁を「狂気」と表現し、EUをののしった。

 3月の伊総選挙で、サルビーニ氏率いる反EU・反移民の右派政党「同盟」が躍進。ポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」との連立で発足したコンテ政権は対露制裁解除に強い意欲を示し、EUや主要7カ国(G7)の中でも親露姿勢が突出している。

 同盟を親露側に引き寄せたキーパーソンと目される人物がいる。サルビーニ氏の地盤、北部ロンバルディア州…

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです