メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電力大手

電気直接取引へ先手 データ基盤構築 個人・企業間の売買、安全性を確保

電力取引は中央集約型から分散型へ

 電力大手各社が、個人や企業による電力の直接取引を見据えた基盤づくりに乗り出している。現在は法的に認められていないが、家庭用太陽光発電で余った電力を自由に売り買いできるようになれば、電力システムを大きく変える可能性を秘めているためだ。カギとなるのが仮想通貨の中核技術である「ブロックチェーン」で、各社は関連企業への出資や実証実験などを加速している。【浅川大樹】

 電力システムは長年にわたり、各地域の電力大手が大規模設備で発電した電力を企業や個人に供給する「中央…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1303文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです