メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JPX・東商取

総合取引所化へ意欲 両首脳、強調

記者団の取材に応じる日本取引所グループ(JPX)の清田瞭・最高経営責任者(CEO)=大阪市内で2018年10月24日午後0時43分、宇都宮裕一撮影

 日本取引所グループ(JPX)の清田瞭・最高経営責任者(CEO)は24日、大阪市内で記者団に対して、東京商品取引所との経営統合に向けた協議入りを決めたことについて、株式などの金融商品と商品先物を一元的に扱う総合取引所の発足に向け、「実現する大きなチャンス。時間をかけずに検討していく」と意欲を示した。

 JPXは株式を扱う東京証券取引所と、株価指数先物などのデリバティブ(金融派生商品)を扱う大阪取引所を傘下に置く。一方、金や原油の商品先物のデリバティブを東商取が手掛けて…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです