メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

中山勇魚さん=奨学生制度を始めた学童保育代表

中山勇魚(いさな)さん

 東京の下町で学童保育の教室を運営している。小学校低学年の放課後は授業時間よりずっと長い。「どんな家庭の子にも豊かな体験をしてほしい」。10月から生活保護世帯などを対象に保育の奨学生として3家庭を募集。入会金や年間の費用約40万円を無料にする。

 18歳の時、家族で夜逃げ。ホテルなどを転々とし、「子どもは育つ環境を選べない」と感じた。学生時代にアルバイトをした学童保育では、習いごとや旅行を楽しむ子の隣で、夏休みもゲーム機を相手に過ごすしかない子がいた。「環境の差で将来が閉ざされないように」と、子どもの放課後に関わる仕事を志した。

 保育系企業を経て、起業に必要な知識をIT系企業で身につけ、2014年に友人とNPO法人「チャンス・フォー・オール」(CFA)を設立。就学援助世帯の多い足立区で教室を開いた。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです