連載

科学の森

科学や環境問題を専門に取材する記者が、身近な話題を図解を交えてわかりやすく解説します。

連載一覧

科学の森

どうなる次世代加速器誘致 国際リニアコライダー、課題多く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国内外の物理学者らが北上山地(岩手、宮城県)への誘致を目指す次世代加速器「国際リニアコライダー」(ILC)を巡る議論が大詰めだ。宇宙誕生の謎に迫るとされる施設だが、8000億円もの建設費をどう確保するかなど、多くの課題がある。【酒造唯】

 ●ヒッグス粒子分析

 加速器は、光速近くにまで加速した電子や陽子などを衝突させて壊し、より基本的な構成要素の素粒子の性質などを調べる装置だ。宇宙誕生直後の高エネルギー状態を作り出せ、新しい素粒子の発見や物理法則の解明に役立ってきた。

 加速器には円形と直線状の2種類がある。ILCは後者で、地下約100メートルに長さ20キロのトンネルを掘り、その中で電子と陽電子を衝突させる。円形よりもサイズは大きくなるが、加速する際のエネルギーロスが少ない利点がある。

この記事は有料記事です。

残り1346文字(全文1691文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集