メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今どきサイエンス

科研費の100年=鴨志田公男

 「この研究費なくして私の研究成果は存在しなかった」(本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授)

 「私の研究のほぼすべてが支えられてきた」(大隅良典・東京工業大栄誉教授)

 日本のノーベル賞学者がそう口をそろえる国の研究資金制度がある。研究者が審査を受けて資金を獲得する競争的資金の一つ、「科学研究費補助金」(科研費)だ。ちなみに、受賞までに本庶さんは約47億円、大隅さんは約18億円の科研費を得ている。

 科研費の歴史は古い。その前身は「科学奨励金」で、ちょうど100年前の1918年に創設されている。

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1122文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです