メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
医学部地域枠

離脱7% 一部大学定員割れ 厚労省推計

 医師不足の地域で一定期間働くことを約束して入学する大学医学部の特別入試「地域枠」の卒業生のうち、約束を履行せず離脱する割合が最終的に7%になるとの推計結果を厚生労働省がまとめ、24日の有識者会議で公表した。一部の大学では地域枠の名目で定員を増やしたが、不人気で定員割れになると一般入試の学生を増やして穴埋めしていた。国の医師不足対策を学生や大学が都合良く利用している事態が浮かんだ。

 一般に地域枠で入った医学生は、卒後9年間地方で医師として勤務すると、都道府県から支給された奨学金の…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文834文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです