メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

Surface Goのライバルはコレだ!「低価格ハイスペック2 in 1 PC」徹底解剖(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

PCとしてもタブレットとしても使える2 in 1 PCは、1台の端末を状況に合わせて柔軟に使いたいユーザーには魅力的なアイテム。マイクロソフトの「Surface Go」のライバルとなりうる3機種を比較しました。

 

【採点した人】

テクニカルライター 湯浅顕人さん
PC&AVのライター。常に持ち歩けて文章にコメントを入れられるPCが必要なので、ペン対応の2 in 1PCを愛用しています。

 

【状況に合わせて操作方法を選べる柔軟性が魅力

Surface Goが登場し、各社からも手ごろな価格の製品が揃うなど低価格帯の2 in 1PC市場が賑わいつつあります。

「軽量で状況に合わせてキーボードとタッチのどちらでも操作できる点が最大の魅力です。オンラインストレージなどの普及で記憶容量や処理能力が控えめなこれらの機種でも、用途によっては快適に使えるようになっています。電車や街頭などで、立ったまま使うことのある人はキーボードを取り外したタブレット部分が軽い機種がオススメ。ノートパソコン的に使う人は、標準サイズのUSB端子やHDMI端子といった拡張性や、スピーカーの音質を重視するといいでしょう」(湯浅さん)

 

【まずはスペックをカンタン比較】

価格 質量 キーボード キックスタンド スタイラス
マイクロソフト
Surface GO
6万9984円〜 522g 別売 付属
(165°)
別売
日本HP
HP x360
4万8384円 1.4㎏ 付属 なし なし
マウスコンピューター
MTWN1201S
6万4580円 約1.2㎏ 付属 なし なし
ASUS
TransBookMini
5万1810円 約0.87㎏ 付属 付属
(115°)
付属

 

 

【本命モデル】お手ごろ2 in 1の王道を走る

マイクロソフト
Surface GO

6万9984円~

10型タッチスクリーンを搭載し、本体は522gとSurfaceシリーズ最軽量を実現。バッテリー駆動は最大9時間。タイプカバーおよびSurfaceペンは別売りとなります。【ディスプレイ】10型【メモリ】4/8GB【ストレージ】64/128GB【バッテリー駆動】9時間

SPEC●CPU:Intel Pentium Gold 4415Y●ストレージ:64/128GB●メモリ:4/8GB●モニター:10型(1800×1200)●サイズ/質量:W245×H8.30×D175㎜/約522g

 

【ライバルその1】ビジネスシーンでも使いやすい高処理力2 in 1

 

日本HP
HP x360 11-ab120TU

4万8384円

キーボードを背面に回転させるタイプ。ストレージにSSDを採用して高速起動を実現しました。また、USB 2.0の約10倍の速度を誇る「USB3.1 Gen1」にも対応しており、外付けハードディスクへのバックアップデータ保存などを高速で行えます。【ディスプレイ】11.6型【メモリ】4GB【ストレージ】128GB【バッテリー駆動】約13時間

SPEC●CPU:Celeron N4000●ストレージ:SSD 128GB●メモリ:4GB●モニター:11.6型(1366×768)●サイズ/質量:W306×H208×D18.5〜20㎜/1.4㎏


↑タブレットとして使うときは、キーボード側をディスプレイの裏面に折り返します。分離できないため、持ち運びは少々重くなります

 


↑ヒンジ部は360°回転可能。ディスプレイを立てかけるように設置する「テントモード」(写真)は、動画視聴時などに活躍します

 


↑キーボードは通常のノートパソコンのような快適な使い心地。文書作成のような文字入力の多い作業もスムーズにこなせます

 


↑ポート類はキーボード側に搭載。USB2.0および3.1に加え、HDMI出力ポートやSDカードスロットを備えるなど拡張性の高さも特徴です

 

【5点満点で4項目採点】

入力しやすさと高速処理でビジネスに最適

「入力しやすく、ウェブ表示やOfficeの動作も高速で、ビジネス作業を快適にこなせます。キーボードを外せず、電源も専用アダプターなので、持ち運びはやや重くなるのが難点」(湯浅さん)

処理能力 4.5

キーボードの入力しやすさ 4.0

タッチパネルの操作性 3.5

携帯性 3.0

 

【ライバルその2】高解像度&広視野角液晶で快適に動画鑑賞

マウスコンピューター
MT-WN1201SN

実売価格6万4580円

液晶はフルHDの約1.5倍の高解像度と、上下左右の視野角約80度の広視野角を誇ります。タブレット本体のみでは薄さ8㎜、質量約728gとコンパクトながら、バッテリー駆動で最大約8.4時間使用可能です。指紋認証センサーも装備。【ディスプレイ】12型【メモリ】8GB

【ストレージ】128GB【バッテリー駆動】約8.4時間

SPEC●CPU:Celeron N3450●ストレージ:eMMC 128GB●メモリ:8GB●モニター:12型(2160×1440)●サイズ/質量:W286×H210×D21.8㎜/約1.2㎏


↑付属のキーボードカバーにタブレット本体を取り付けて使用します。カバーのフタの部分を折りたたむことでスタンドになります

 


↑本体単独では厚さ8㎜、質量約728gと非常に軽量かつコンパクト。単独でタブレットとして使う場合にも気軽に持ち運びできます

 


↑タブレット部の背面には、Windows Hello 対応の指紋認証センサーを装備。パスワード入力不要でログインの操作を素早く行えます

 


↑本体側に給電と共用のUSB3.0 Type-Cポートとmicro SDカードスロットを搭載。複数の外部機器との接続にはハブを使います

 

【5点満点で4項目採点】

高速Wi-Fiで動画再生も安定

「縦・横どちらの向きでも鮮やかな発色です。Wi-Fiは最大433Mbps対応の802.11acまで対応し、動画再生時も安定。キーストロークがひっかかりがちなのは残念」(湯浅さん)

処理能力 4.0

キーボードの入力しやすさ 2.5

タッチパネルの操作性 4.0

携帯性 4.0

 

【ライバルその3】専用ペンでの高精度な手書き入力も可能

ASUS
ASUS TransBook Mini T103HAF-8350

実売価格5万1810円

1024段階の筆圧検知が可能なASUS Penが付属。タブレットのみでは約620g、薄さ10㎜とコンパクト。USB3.0やmicroHDMI、microSDに対応と拡張性が高く、約14.6時間のバッテリー駆動が可能で、802.11acの高速Wi-Fiも装備しています。【ディスプレイ】
10.1型【メモリ】4GB【ストレージ】64GB【バッテリー駆動】14.6時間

SPEC●CPU:Atom x5-Z8350●ストレージ:eMMC 64GB●メモリ:4GB●モニター:10.1型(1280×800)●サイズ/質量:W262×H173×D15.7㎜/約0.87㎏


↑キックスタンド付きのタブレット本体と薄型のキーボードに分離できます。キーボード側には、ASUS Penを収納するホルダーも付属します

 


↑付属のASUS Penは1024段階の筆圧感知に対応。素早い描画にも追従するので、細かい手書き文字やイラストもストレスなく描けます

 


↑タブレット本体の裏面にはキックスタンドが付属。最大115°まで無段階で開くことができ、タブレット単体での自立も可能です

 


↑ポート類はUSB3.0およびmicroUSB、microHDMIを搭載。本体のキーボードを付けた状態で上側になる場所に設置されています

 

【5点満点で4項目採点】

高精度タッチペンでノーストレスな操作

「ペンは細かいアイコンも確実にタップでき、素早い描画にも高精度で追従してくれます。キーボードは奥行きがやや狭いのが残念ですが、軽くて持ち歩きやすい点は◎」(湯浅さん)

処理能力 3.5

キーボードの入力しやすさ 3.0

タッチパネルの操作性 5.0

携帯性 5.0

 

 

構成・文/酒井麻里子

【関連記事】
こじるりこと小島瑠璃子さんがインスタ始めたってよ!
【2018年】SNOWのハロウィンスタンプを一挙紹介!全部実際に使ってみた
使ってみたら10個も見つけてしまった! ひと足早い「iPhone XR」の買いポイント全網羅
TikTokが1周年!!感謝の気持ちを込めてキャンペーンを開催☆
【今さら聞けない】iPhoneでLINE絵文字の使い方!LINE絵文字の買い方やプレゼント方法などをご紹介【LINE】

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです