メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クライミング

ジムが急増、事故も 業界、指導者育成に力

ジムで利用者のサポートをする日本クライミングジム連盟の木織隆生理事(左)=大阪府吹田市で2018年10月19日、山崎一輝撮影

 2020年東京五輪で正式種目になったスポーツクライミングが人気を集め、専用ジムがこの10年間で5倍に急増している。ただ、神戸市では今年9月、利用者が壁から落下し重傷を負う事故も発生。業界団体は事故の予防や応急処置ができるよう、インストラクターの指導を強化するなど対策を進めている。

 日本山岳・スポーツクライミング協会(東京都渋谷区)によると、国内の愛好者数は推計約60万人。専用ジムは急増し、08年の96カ所から昨年は476カ所にまで増えた。気軽に楽しめるスポーツとして定着しつつある。

 一方、12年に結成された業界団体「日本クライミングジム連盟(JCGA)」(川崎市)は「リスクを理解…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 拳銃所持容疑で映画監督逮捕 代表作に小泉今日子さん主演「空中庭園」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです