沖縄県

辺野古意見書 国申し立て却下求める

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
政府による移設工事が始まる前の沖縄県名護市辺野古沿岸部=沖縄県名護市で2014年2月25日午後0時15分、本社機「希望」から和田大典撮影
政府による移設工事が始まる前の沖縄県名護市辺野古沿岸部=沖縄県名護市で2014年2月25日午後0時15分、本社機「希望」から和田大典撮影

 沖縄県は24日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、防衛省が県による埋め立て承認撤回処分の執行停止を石井啓一国土交通相に申し立てたことに対する意見書を国交相に送付した。「行政不服審査制度の趣旨は私人の権利救済で、国の機関である防衛省は申し立ての適格を欠いている」と申し立ての却下を求めた。…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

あわせて読みたい

ニュース特集