メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・上牧遺跡

淀川沿いに集落跡 交通要所に30棟

 大阪府高槻市の上牧(かんまき)遺跡で、古墳時代初頭(3世紀前半)に出現し、古墳時代後期(6世紀前半)まで継続した集落跡が見つかったと、大阪府文化財センターなどが24日発表した。淀川の中州だったとみられる場所で建物跡約30棟を確認。淀川沿いに同時代の集落跡が見つかるのは初めてといい、センターは「初期ヤマト王権の中心だった奈良盆地につながる交通の要所に集団が存在したことが明らかになった」としている。

 遺跡は淀川右岸にあり、昨年11月から約4000平方メートルを発掘。集落の中心的な建物と考えられる最大1辺約7メートルの竪穴建物(3~5世紀前半)や周溝墓5基、これまでの調査で神社建築に関連があるとも指摘される独立棟持柱(むなもちばしら)建物の跡も確認され、井戸の土器から、古代中国で神聖な果実と伝わる桃の種も出土した。数百メートル西の井尻遺跡でも同じ頃の集落跡が見つかっており、集落はさらに広がると…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです