メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・上牧遺跡

淀川沿いに集落跡 交通要所に30棟

 大阪府高槻市の上牧(かんまき)遺跡で、古墳時代初頭(3世紀前半)に出現し、古墳時代後期(6世紀前半)まで継続した集落跡が見つかったと、大阪府文化財センターなどが24日発表した。淀川の中州だったとみられる場所で建物跡約30棟を確認。淀川沿いに同時代の集落跡が見つかるのは初めてといい、センターは「初期ヤマト王権の中心だった奈良盆地につながる交通の要所に集団が存在したことが明らかになった」としている。

 遺跡は淀川右岸にあり、昨年11月から約4000平方メートルを発掘。集落の中心的な建物と考えられる最…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです