メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富田林逃走

署長らを処分へ 署の留置管理に不備

樋田淳也被告が逃走した大阪府警富田林署=大阪府富田林市で2018年8月、幾島健太郎撮影

 大阪府警富田林署から逃げたとして樋田淳也被告(30)が加重逃走罪で起訴された事件で、府警は署の留置管理に不備があったとして、山内寛署長や留置管理担当者らを近く懲戒処分にする方針を固めた。担当者については減給とする方向で調整している。

 樋田被告は8月12日夜、署の面会室で弁護士と接見後にアクリル板を壊して逃走。9月29日、山口県周南市の道…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです