メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースのことば

ファシリティードッグ

「引退式」に駆けつけた親子らと記念撮影に臨むベイリー。左は「後任犬」のアニー=横浜市南区の神奈川県立こども医療センターで10月16日、宇多川はるか撮影

[PR]

 病院びょういん医療いりょうチームの一員いちいんとして活動かつどうするいぬです。ファシリティーは、英語えいごで「施設しせつ」の意味いみです。病院びょういんはたらくことを想定そうていして、見知みしらぬひとさわられても、どもたちにきつくきしめられても、ほえたりかんだりしないための専門的せんもんてきなトレーニングをけています。日本にっぽんには、認定にんていNPO法人ほうじん「シャイン・オン!キッズ」が派遣はけんする3とうしかいませんでした。ベイリーの引退いんたいで、後任こうにんの「アニー」と、静岡県立しずおかけんりつこども病院びょういんの「ヨギ」の2とうになります。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

    2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

    3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

    4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです