メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場上空

西村一幸の飛行記録(10) ブルーインパルス上空取材

横浜開港祭で横浜港上空に大きな円を描くブルーインパルスの航空機。左下は横浜ベイブリッジ=2009年6月2日、本社ヘリから平田明浩撮影

 航空自衛隊の曲技チーム「ブルーインパルス」。1964年の東京五輪で国立競技場上空で5色の輪をスモークで描き、その名を世界にはせたことはあまりにも有名だ。また、全国の基地祭やイベントなどでも華麗な空の演技を披露しており、多くの人が見たことがあるだろう。

 2009年6月2日、その「ブルーインパルス」が横浜開港150周年記念の開港祭の一環として横浜みなとみらい地区上空で演技をすることになった。

「いつものように下(地上)からではなくて、なんか別の角度がないかな。これまで見たことのないような……」

この記事は有料記事です。

残り1654文字(全文1901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです