メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場上空

西村一幸の飛行記録(10) ブルーインパルス上空取材

横浜開港祭で横浜港上空に大きな円を描くブルーインパルスの航空機。左下は横浜ベイブリッジ=2009年6月2日、本社ヘリから平田明浩撮影

 航空自衛隊の曲技チーム「ブルーインパルス」。1964年の東京五輪で国立競技場上空で5色の輪をスモークで描き、その名を世界にはせたことはあまりにも有名だ。また、全国の基地祭やイベントなどでも華麗な空の演技を披露しており、多くの人が見たことがあるだろう。

 2009年6月2日、その「ブルーインパルス」が横浜開港150周年記念の開港祭の一環として横浜みなとみらい地区上空で演技をすることになった。

「いつものように下(地上)からではなくて、なんか別の角度がないかな。これまで見たことのないような………

この記事は有料記事です。

残り1655文字(全文1901文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです