メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 福島・大熊のキウイ、新たな地へ 65歳農家、いわきで栽培 避難先で「古里残す」

新天地でたわわに実ったキウイを収穫する渡辺信行さん=福島県いわき市で

 2011年3月に事故を起こした東京電力福島第1原発が立地する福島県大熊町の農家、渡辺信行さん(65)が、町から南約40キロにある避難先の同県いわき市で、大熊の特産だったキウイフルーツの復活に取り組んでいる。栽培を始めてから5年後の今秋、出荷できる量が実った。いわきをキウイの新たな産地にしたいとの願いも込め、来月1日から、市内の住宅街に開いたカフェ「大百笑(だいびゃくしょう)」で店頭販売も始める。【乾達】

 渡辺さんは農家の3代目で、自ら起こした建設業の傍らコメや野菜を作ってきた。1985年ごろからは国の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席観戦で厳戒態勢
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです