メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不登校

過去最多5566人 公立小中校、前年比1割増に「憂慮」 道内昨年度 /北海道

 文部科学省が25日発表した昨年度実施の「児童生徒の問題行動・不登校等調査」の道内分集計結果で、公立小中学校の不登校(年間30日以上の欠席)児童生徒数は5566人と前年度より11・4%増えた。この統計を取り始めた1991年度以降最多で、1000人当たり15・0人と全国平均(14・7人)を上回っており、道教委は「依然として憂慮すべき状況」としている。

 道内の調査対象は、公立小中高校と特別支援学校1957校(在籍生徒児童約47万7600人)。不登校の内訳は、小学生が1196人(前年比16・0%増)、中学生は4370人(同10・2%増)だったほか、高校生は792人(同5・0%増)だった。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 千葉・市川市立の全小中を休校 フィットネスクラブ利用の3人感染判明で

  5. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです