メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇病と呼ばれて

トゥレット症候群/中 突然、口をつく汚い言葉 つらい体験生かし、障害ある子支援 /宮城

 「死ね!」「バカ!」。自分は言いたくないのにのどの奥からあふれ出る、人をののしる汚い言葉、性的で卑わいな言葉。誰かこの衝動を止めて--。

 福島県郡山市の大川原里美さん(31)がトゥレット症候群と診断されたのは地元の私立中1年の時だった。まばたきや足を引きずるびっこ、「ウウ」「アッアッ」と奇声が出る症状から始まり、12歳になったころからは複雑性音声チックの「汚言(おげん)症」に苦しんだ。目の前を歩いて行く人に向かって、突然「死ね!」と大声が出る。静かな部屋で急に卑わいな単語が出てしまい、涙をこらえながら逃げ出したこともあった。

 次から次へと現れるチック症状。「消えたい」と毎日自殺を考えた。家族とも気持ちは共有できなかった。チ…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです