メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

ドラフト会議 1位5人、王国底力 /兵庫

日体大の松本航投手が西武から1位指名を受けた瞬間、歓声を上げる関係者ら=兵庫県朝来市山東町で、松田学撮影

 25日のプロ野球ドラフト会議では5人もの県関係者が1位指名され、「野球王国・兵庫」の底力を見せつけた。「高校ナンバーワン遊撃手」の呼び声が高い報徳学園の小園海斗内野手(18)には1巡目で4球団が競合した末、広島が「当たり」を引き、日体大の松本航(わたる)投手(21)=明石商高卒=は西武、東洋大の甲斐野央(ひろし)投手(21)=東洋大姫路高卒=はソフトバンクが交渉権を獲得した。立命館大の辰己涼介外野手(21)、大阪ガスの近本光司外野手(23)の社高OBもそれぞれ楽天と阪神に決定。会議の中継を見守っていた選手や関係者らから喜びの声が上がった。

 県内からは他に、新日鉄住金広畑の左腕エース坂本光士郎投手(24)もヤクルトに5位指名された。

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです