連載

なくそう心の段差

毎日新聞デジタルの「なくそう心の段差」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

なくそう心の段差

身体障害者補助犬キャンペーン20年 補助犬シンポに寄せて/下 法成立から16年 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
デモンストレーションや講演を通じ、介助犬の仕事や役割を各地で伝え続ける木村佳友さん(右)とデイジー(中央)=兵庫県宝塚市内の商業施設で、高尾具成撮影
デモンストレーションや講演を通じ、介助犬の仕事や役割を各地で伝え続ける木村佳友さん(右)とデイジー(中央)=兵庫県宝塚市内の商業施設で、高尾具成撮影

共に暮らせる環境に 介助犬、増えない実働頭数

 2002年5月に成立した身体障害者補助犬法は03年10月に全面施行された。公共施設や交通機関から不特定多数の集まるホテル・デパートなどの民間施設まで、補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の受け入れが義務化された。ただ、法ができればそれで全てが解決するわけではなかった。

 介助犬シンシアと暮らす木村佳友さん=宝塚市=らは法成立前年の01年、「日本介助犬使用者の会」を設立した。全面施行後の05年、会の会長となった木村さんは補助犬使用者にアンケートを実施。自身は同伴拒否をほとんど経験していないとしつつも、「完全施行後も約6割の人が同伴拒否を受けている」と指摘し、他の補助犬使用者の団体代表らと10万人以上の署名を集めて07年の法改正につなげた。

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1581文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集