メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高松写真展

南部3町の商店街で 青春時代の街並み「懐かしいね」 昭和30年代から紹介 /香川

昔の商店街の様子を紹介した写真を眺める来場者=高松市田町で、小川和久撮影

 高松市の田町、常磐町、南新町の各商店街にある店舗などを会場に、昭和30年代から平成初期までの街並みを写真で紹介する企画展「かわらまち今昔めぐり 今も昔も商店街」が開かれている。1964(昭和39)年に初めて開かれた「高松まつり」など、活気あふれる街の様子を約50点で振り返ることができる。28日まで。【小川和久】

 3商店街などでつくる高松南部3町商店街プロジェクトが今年のお盆期間中、買い物客らが自由に書き込める…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです