メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども食堂応援隊

/7 皆の居場所になれば /高知

子ども食堂「がじゅまるの木」の様子

 子ども食堂「がじゅまるの木」は、2017年1月に始まり、弥右衛門ふれあいセンター(高知市北御座)で月1回日曜の午前11時半から午後2時半で開催しています。基本第4日曜日ですが、行事その他の理由で変更があります。

 代表の上村さんは、娘さんの同級生がいつもお昼にパン食で、それも食べられない時もある事を知り、学校給食を中学校にも導入する署名活動に参加しました。そして、孤食の子どもたちに一人で食べるより皆で食べるとおいしい事を伝えたいと皆の居場所になればとの思いから、自分自身が育った地域にこだわって始めました。

 会場の弥右衛門ふれあいセンターは、広くて使い勝手もよくて快適なのですが、子どもたちに昼食を提供するためには、会場を1日借りる必要があるので、会場費の負担は大きくなっています。そのため、本当は子どもたちの食事代は無料にしたいのですが、子ども100円、大人300円で開催しています。それでも、15~20組の親子が来てくれて、学生さんのボランティアも増え、宿題をしたり、夏休みは工作教室も行って、次第に広…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  3. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです