メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外為・株式

米連鎖、東証再び急落 822円安 貿易戦争、懸念

 東京株式市場は25日、前日の米国株の急落を受けて全面安の展開となり、日経平均株価の終値は前日比822円45銭安の2万1268円73銭と、約7カ月ぶりの安値をつけた。今月上旬にバブル崩壊後の最高値を記録してから、わずか3週間で約3000円も下落した。アジア市場でも株価が下落し、今月11日に続き再び米国発の株安が連鎖する形になった。米中貿易戦争への懸念の高まりなどから、不安定な動きが続いている。

 24日のニューヨーク市場のダウ工業株30種平均は、前日終値比608・01ドル安の2万4583・42…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです