メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者死亡、当局認める 「殺害、計画的」

カショギ氏=AP

 【イスタンブール高橋宗男、カイロ篠田航一】サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で死亡した事件で、国営サウジ通信は25日、サウジ検察当局がトルコ側から得た情報として「事件は計画的だった」と伝えた。サウジ側が、これまで否定してきた「故意」を初めて認めた形で、事件は「周到に準備された殺人」だった可能性が一段と高まった。

 国営サウジ通信は「トルコ側から事件の容疑者が計画的な意図で犯行を実行したことを示す情報を受け取った…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです