メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

問題行動調査

重大いじめ、最多474件 認知28%増41万件 昨年度

 全国の小中高校などが2017年度に認知したいじめが、前年度比28・2%(9万1235件)増の41万4378件で過去最多となった。文部科学省が25日に公表した問題行動・不登校調査の結果で明らかにした。けんかやふざけ合いをいじめに含めるように改めた16年度に続き大幅な増加となったが、文科省は「積極的な認知が進み、早期の対応につながっている」と肯定的に評価している。(3面にクローズアップ)

 調査は全国の国公私立小中高校や特別支援学校計3万7387校を対象に実施。小学校は同33・7%(7万9865件)増の31万7121件、中学校は同12・8%(9115件)増の8万424件で、いずれも過去最多。高校は同14・9%(1915件)増の1万4789件、特別支援学校は同20・0%(340件)増の2044件だった。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. C.W.ニコルさん死去 作家・ナチュラリスト 79歳

  5. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです