メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

いじめ最多41万件 進む把握、解決直結せず 指導力不足、悪化の例も

 文部科学省が25日に公表した問題行動・不登校調査で、2017年度に認知されたいじめが41万4378件と過去最多を更新した。いち早く「いじめの芽」を摘むため、文科省は学校がいじめと判断すべき項目を増やしており、前年度に続く大幅増となった。文科省は「初期段階でいじめを見つけられている」と前向きに評価するが、被害者の心身や財産に影響を及ぼす「重大事態」は前年度比78件増の474件と、早期発見が必ずしも解決につながっていない現状も浮かび上がった。都道府県の対応にも温度差があり、課題は残されている。【仲村隆、水戸健一、金秀蓮】

 「(自殺した児童は)以前もいじめを受けていた。学校も把握しており、組織的に注意深く様子を観察し、対…

この記事は有料記事です。

残り1794文字(全文2106文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです