メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「明治150年」の意味

成田龍一氏

 近代日本の幕開けとされる明治元年(1868年)から今年で150年。安倍晋三政権による「明治礼賛」が際立つ中、23日には政府主催の記念式典が東京で開かれた。だが、高度成長期と重なった50年前の「明治100年」の高揚感にはほど遠く、地方の反応もさまざまだ。社会や経済が様変わりした今、「歴史の区切り」を記念する意味は。

この記事は有料記事です。

残り4427文字(全文4585文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. スカーレット ヒロイン幼少時代は「みいつけた!」3代目スイちゃんの川島夕空
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです