メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米国

INF離脱 NATO、核追加に慎重 プーチン氏、報復警告

イタリアのコンテ首相(左)と会話を交わすロシアのプーチン大統領=モスクワで24日、ロイター

 【ブリュッセル八田浩輔、ワシントン会川晴之】北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は24日、記者会見で「同盟国が欧州にさらなる核兵器を配備することは予測していない」と述べた。トランプ米政権が中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱をロシアに伝え、新型ミサイル開発を明言する中、ロシアに対抗する核配備に慎重な姿勢を示した。

 旧ソ連は1970年代後半、中距離核ミサイル「SS20」を欧州向けに配備、米国はこれに対抗して「パー…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1412文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです