メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

INF離脱 NATO、核追加に慎重 プーチン氏、報復警告

イタリアのコンテ首相(左)と会話を交わすロシアのプーチン大統領=モスクワで24日、ロイター

 【ブリュッセル八田浩輔、ワシントン会川晴之】北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は24日、記者会見で「同盟国が欧州にさらなる核兵器を配備することは予測していない」と述べた。トランプ米政権が中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱をロシアに伝え、新型ミサイル開発を明言する中、ロシアに対抗する核配備に慎重な姿勢を示した。

 旧ソ連は1970年代後半、中距離核ミサイル「SS20」を欧州向けに配備、米国はこれに対抗して「パーシング2」ミサイルを英国や西独(当時)など西欧諸国に配備したことで緊張が激化した。これが引き金となり米ソ両国は削減交渉を開始、87年にINF条約を結んだ。

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです