メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチンのロシア

欧米とのハイブリッド戦/3 独立後の隣国、情報で分断

議会選を控えたラトビアの首都リガでは、公共バスの車体に親露派政党の広告が載せられていた=リガで2018年10月1日

 秋が深まるバルト3国のラトビア。今月初旬に首都リガを訪れると、議会選(今月6日投開票)に向けたポスターが街中にあふれていた。ロシア系住民のタクシー運転手、アンドレイさん(55)は、選挙の話題になると語気が荒くなった。「この国に住んで55年もたつが私は選挙権を持っていないんだ。欧州連合(EU)もこの問題に目をつぶったままだ」

 第二次大戦時にソ連に併合された歴史を持つラトビアでは、人口の25%程度をロシア系が占める。だが、ラ…

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1136文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです