メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 糸谷哲郎八段-豊島将之王位 第17局の3

糸谷の指摘

 悩んだ揚げ句、糸谷は[先]3八飛を選んだ。[後]2八歩成まで一本道。ここで[先]7五歩の桂頭攻めに期待した糸谷だったが、読み直してみると[後]6五桂と反撃されて悪いことに気づく。その他[先]2二歩や[先]2四歩もあるが、[後]2七角成で芳しくない。実戦は[先]3二角。糸谷は「5一玉型を生かされているので不満。最終的に[先]3二角に頼ったが、さえない」と唇をツンととがらせた。

 豊島は2筋を収めて、[後]3九角~[後]6五桂と順調な駒運び。さらに8筋交換で飛車を活用した。糸谷…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  3. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  4. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

  5. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです