特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 糸谷哲郎八段-豊島将之王位 第17局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

糸谷の指摘

 悩んだ揚げ句、糸谷は[先]3八飛を選んだ。[後]2八歩成まで一本道。ここで[先]7五歩の桂頭攻めに期待した糸谷だったが、読み直してみると[後]6五桂と反撃されて悪いことに気づく。その他[先]2二歩や[先]2四歩もあるが、[後]2七角成で芳しくない。実戦は[先]3二角。糸谷は「5一玉型を生かされているので不満。最終的に[先]3二角に頼ったが、さえない」と唇をツンととがらせた。

 豊島は2筋を収めて、[後]3九角~[後]6五桂と順調な駒運び。さらに8筋交換で飛車を活用した。糸谷の[先]8七銀はやむを得ない投入。[先]8七歩とケチると、[後]7六飛と横歩を取られ収拾がつかなくなる。[先]4八金打は不利を自覚したクリンチ。豊島は角を切り、[後]3五金(本日終了図)と先手の飛車に働きかけた。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文775文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集