メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州中銀

ユーロ圏経済弱含み 現行政策は維持

 【フランクフルト共同】欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は25日、ドイツ・フランクフルトで記者会見し、ユーロ圏の足元の経済情勢に関し「入ってくる情報は多少、予想より弱い」と述べ、若干弱含んでいるとの見解を示した。会見に先立って開かれた理事会では、国債などを購入し市中に大量の資金を供給する量的金融緩和政策を年内に終えるなどの現行の金融政策を維持することを決めた。

 ドラギ氏は経済のリスク要因として保護主義の台頭による米中貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱などを…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文576文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです