メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

三枝聖さん=虫から死後経過時間を推定する「法昆虫学者」

三枝聖(さいぐさ・きよし)さん(46)

 左手に紙コップ、右手にピンセットを持ち、死体と向き合う。司法解剖などが行われる法医解剖室。執刀医でも警察官でもない、世界で数少ない「法昆虫学者」。人の死体を食べている昆虫を証拠として分析し、死後経過時間を推定する。

 国内でまだ知られていない法昆虫学は、海外で有用性が注目されつつある。韓国の旅客船セウォル号沈没事故(2014年)をめぐり、背任容疑などで指名手配されて、変死体で発見された運航会社会長のケース。死体に付着したウジの産卵日時を調べて、死後経過時間を割り出した。

 学生時代はモグラやネズミといった野生の小型哺乳類の染色体について研究し、修士号を取得。その後、岩手…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです