メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

未来価値とサグラダ・ファミリア=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 先日、スペイン・バルセロナの世界遺産「サグラダ・ファミリア」(聖家族教会)がバルセロナ市に約47億円支払うことで133年ぶりに違法建築状態から脱するというニュースが話題となった。

 そのニュースが流れる直前、当地にある欧州で老舗のビジネススクール、IESEを訪問し、世代を超える超長期プロジェクトマネジメントのケーススタディーとしてサグラダ・ファミリアについて学ぶ機会を得た。

 サグラダ・ファミリアは、カタルーニャが生んだ大建築家ガウディ(1852~1926年)が後半生をささげた未完の教会建築だが、あれだけの建築物である以上、もちろん金は必要だし、地域コミュニティーの支持も不可欠だ。しかも建築には、ガウディ自身が生きている間には絶対に完成しない途方もない長期間が予定されていた。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです