メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

未来価値とサグラダ・ファミリア=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 先日、スペイン・バルセロナの世界遺産「サグラダ・ファミリア」(聖家族教会)がバルセロナ市に約47億円支払うことで133年ぶりに違法建築状態から脱するというニュースが話題となった。

 そのニュースが流れる直前、当地にある欧州で老舗のビジネススクール、IESEを訪問し、世代を超える超長期プロジェクトマネジメントのケーススタディーとしてサグラダ・ファミリアについて学ぶ機会を得た。

 サグラダ・ファミリアは、カタルーニャが生んだ大建築家ガウディ(1852~1926年)が後半生をささ…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです